地球の守り神 マグマレディー 危機!宇宙からの侵略(前編&後編)



地球の守り神 マグマレディー 危機!宇宙からの侵略(前編&後編)
説明:第三話「危機!宇宙からの侵略(前編)」エース隊員の鏡律子は、マグマレディーの正体が14歳の少女、響明日香ではないか?と疑い始める。そしてマグマレディーの存在が、人類の敵になる危険性があると考える木島博士も同じであった。そんな中、地球を支配しようと、ドミナス星人が地球にやってきた。地球を支配するにはマグマレディーの存在が邪魔だと考えたドミナス星人は、マグマレディーを研究し、アースディフェンダーズの中にマグマレディーがいるのでは、と考えた。しかし幸か不幸か!?普通の人間である律子がマグマレディーと勘違いされ、奇襲計画が実行される。ドミナス星人は凶暴な怪獣、アサルトキングを操り、街を破壊させる。明日香はマグマレディーに変身するが、マグマレディーを研究して創られたアサルトキングの強さは想像を超えていた!マグマレディーの肉体はアサルトキングの攻撃に容赦無く痛めつけられ、何度も強制的に悶絶の吐息を吐かせられる。巨大化した少女の苦悶の悲鳴は街中に響き渡るが、凶暴な怪獣の前に人類は成す術もなかった。怪獣の攻撃にマグマレディーの胸のタイマーの光は消え、瞳の輝きも消えさり、怪獣の攻めに完全敗北してしまう…。
第四話「危機!宇宙からの侵略(後編)」人間の姿に戻った明日香はエネルギーを消耗していた。そしてマグマレディーという事を木島博士に知られた明日香は、壮絶な人体実験にかけられる。律子もまた、ドミナス星人に捕獲され、マグマレディーの秘密を探るドミナス星人に拷問される。だが、律子はマグマレディーである明日香をかばうために、必死にマグマレディーの振りをし、ドミナス星人を欺こうとする。ドミナス星人の拷問はますますエスカレートし、律子の美しく豊満なバストまでもを、毒ガスや電気で痛めつけるのだった。苦しみと痛みの中、律子は死を覚悟する。地球の守り神マグマレディーを守るためなのか?いや妹の様に自分を慕う穢れを知らぬ少女、明日香を守りたいという想いが律子に覚悟をさせたのだった…。一方、明日香もまた苦しく、恥ずかしい人体実験をされ、泣きたい屈辱感でいっぱいだった。切なく愛らしい苦悶の吐息を吐き、全身をヒクヒクと痙攣させる14歳の美少女明日香の姿に、木島博士の気持ちは狂いそうになる。何とか木島博士を改心させる事に成功した明日香は、律子を助け出し、マグマレディーに変身する。だがアサルトキングはやはり強かった。触手、電気、エネルギー吸収。巨大化した少女は再び悶絶する。果たしてマグマレディーは、最強の怪獣を倒せるのか!?

— Delivered by Feed43 service



出典

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする